BCY乳がんヨガ指導者向け勉強会

乳がんヨガ指導者養成講座をご受講の方のフォローアップ研修として
定期的に勉強会を行っています。

「乳がんヨガって何ですか?」
これを自分の言葉で話せますか?
まずは、これについて、みんなでシェアリングしました。

それぞれが活動してきた経験からの言葉をシェアしてくださることで、
全体として、多くの言葉が広がりました。


ところで、「共感」を表現するときに
わたしがいつも引用させていただいているのが

中国の哲学者 荘子
「これを聞くに耳を以てすることなく、これを聞くに心も以てせよ。
これを聞くに心を以てすることなく、これを聞くに気を以てせよ。
聞くは耳に止まり、心は符に止まる。気なるものは虚にして物を待つ者なり。ただ道は虚に集まる。」
つまり、共感を生み出すのは「いま、ここに居る(マインドフルネス)」こと


また、どんなヨガでも、机上論ではなく、実践を大切にしています。
『Practice Based Medicine(やってみてなんぼ)』

続けてもらうための、呼吸法、アーサナ(ポーズ)などの指導について
また、寄り添うために知っておきたい病期や乳がんのタイプや副作用や治療についても知識を共有しました。


グループワークでは、チームに分かれて乳がんヨガシークエンス作り
時間が全然足りませんでした💦
その後、動画で補足させていただきました。

養成講座はスタートです!
ヨガと同じく、まずは伝えることをやってみる
そこから、深く、継続的な学びがはじまっていきます。

みなさまのご活躍を心から楽しみにワクワクしております♪





これを聞くに耳を以てすることなく、これを聞くに心も以てせよ。
これを聞くに心を以てすることなく、これを聞くに気を以てせよ。
聞くは耳に止まり、心は符に止まる。気なるものは虚にして物を待つ者なり。ただ道は虚に集まる。



中国の哲学者、荘子
「共感するためには自分という存在すべてで聞くこと」