~がんの方のためのヨガ・乳がんヨガ~

大切なのは、呼吸と笑顔
一緒に、深呼吸しませんか?
想いを分かち合いませんか?

がんの手術後の回復期や治療中の方、
セラピーとしてのヨガです

【セラピーヨガとは?

欧米で今急速に広がりつつある分野として「セラピーヨガ」があります。
がんだけでなく、パニック症候群や鬱病などの精神疾患など様々な治療の計画をサポートする形でヨガが用いられています。

現在、多数の臨床研究も行われており、日本でもその研究は進んでいます。

*以下、厚生労働省の「統合医療」にかかる情報発信等推進事業のホームページにて、九州大学の岡孝和先生の抄録が掲載されています。
www.ejim.ncgg.go.jp/doc/doc_e03.html

一般社団法人日本ヨガメディカル協会会員

【がんの方のためのヨガとは?

わたくし自身が子宮頸がんの手術・抗がん剤治療のあと、
心身共に元気にならず、模索する中でヨガと出逢いました。

最初は心の在り方が変わり、それを追うように身体も元気になっていきました。

自身の経験から、2011年『yoga for cancer~がんの方のためのヨガ~』をライフワークとし、活動を続けています。

クラスの詳細については⇒「がんの方のためのヨガクラス
または、 ⇒ 「乳がんヨガ」 へ

*以下、岡孝和先生による「ストレス状態に対するヨガの効果」が掲載されています。
https://gansupport.jp/article/life/exercise/exercise01/15266.html

BCY Institute Japan 運営メンバー 
乳がんヨガ指導者養成講座の講師を担当させていただいています