感想をいただきました!『BCY乳がんヨガ指導者養成講座』

BCY乳がんヨガ指導者養成講座ベーシックコースの講座が終了し、1週間経ちました。

次の日には、中秋の名月、3日後には、秋分の日
という陰陽のエネルギーを大きく受け取るタイミングもあり、
心身共にバランスの良い状態で当日を迎えることができました。

7名の受講生のみなさんは、今回も立場や役割が様々で、
ヨガインストラクターとして活動経験も豊富なSさん
札幌市内にアーユルヴェーダサロンを開設し、ヨガとアーユルヴェーダ双方から女性のセルフケアをサポートするHさん
ヨガインストラクターでありながら乳がん罹患者でもあり、乳房再建が終了したばかりのMさん
札幌の某大学病院でがんのリハビリの医師であるTさん
札幌市内で薬剤師さんをされているEさん
そして、オンライン受講で
帯広で活躍されてるヨガインストラクターのAさん
千葉県でヨガセラピーの学びを深める中、乳がんが発覚し、来月手術を控えているAさん

このように様々なバックグラウンドを持つみなさんとの学び合いは、
体験談や意見交換からも深い気付きが起こります。

ご受講のみなさま、心から感謝いたします。

みなさまからいただいた感想をシェアさせていただきます!


講座を受講させていただきありがとうございました。はじめての参加でしたが、受講のシステムやテキストなどが整えられていて安心して申し込み、受講することができました。講座内容もクライアントさんに寄り添うことに重きを置いていたため、共感、感心しました。 また、ヨガをセラピーとして学ぶ中で日々大切だと感じている「気づきを促すこと」のことばがテキストにあり、嬉しく思いました。これからも継続して学んでいきたいと思います。

がん検診啓蒙活動の一環で知識を深めたくて受講しましたが、がんに限らず罹患されている方への配慮が具体的にイメージできて今後の活動に役立てられそうです。また、改めてヨガをしていてよかったと思わせれてくれる内容で、ヨガをしていることを誇りに思えました。

座学と実習がちょうどよい割合でした。

コロナ感染対策もなされていて人数的にも丁度よく快適空間で受講することができました。 日常からヤエ先生のクラスを受講していますが、ちょっと頑張るクラスでも必 ずセラピーの要素があります。それは日常から「寄り添う」という簡単そうでとても難しいことをずっと活動されているからこそ自然と滲みでているのですね。今回、受講できたことはとても学びになりました。受講中もセラピーレッスンのようでした。ありがとうございました。

このタイミングで受講できたことに 感謝しています。 自分の病気がきっかけで、受講しましたが、テキストの言葉)、やえ先生自信の言葉に、進んでみよう。広げてみよう。と、思えました。優しく寄り添ってもらえたように感じています。 ありがとうございました。

みなさま、心強い感想をありがとうございます!
それぞれの「場」で乳がんヨガのエッセンスをご活用いただき、伝え手も患者さんも共に癒し合いが起こりますように・・・


11/23(火・祝)には、アドバンスの講座(オンライン)が開催されます。
講座内容も座学と実技共に大変充実しています。
これまで「乳がんヨガ」を伝えてきたみなさまとのシェアリング
心から楽しみにしております。
以下詳細です。
サービス予約 | Coubic