頭でなく、全身で聴く

5月から、ヴェーダーンタというYOGAの聖典を少しずつ学びはじめています。
スワミジのお言葉を、頭で考えず、全身に染み込むようにお聴きしております。


「自分が自分に寛いでいないと、周りの人を寛がせることはできない」
「自分が自分に落ち着いている」
「自分が自分に尊厳をもっている」

この感覚は、これまでアーサナや瞑想で体感してきたことです。
そして、このように居たい、こうでありたい
と願う自分の状態です。

なぜ、こうありたいのか、
こうあることが、自分と世界にとって、どんな貢献になるのか
を知りたいと思って、
この学びの門を叩いたのかな?と感じています。


この自粛期間が終わり、世の中もわたしの周りも元に戻っていったとしても
学び続ける時間を持てる人生を送りたいと思いました。


たくさんの学びと優しさをいただくこの豊かな時間に心から寛ぎ、感謝しています。

カテゴリー: Blog