YOGA for Cancer in 北陸 書き留めておきたかったコト

ちょうど1週間前のコトを今、書いています。

初めて金沢に行きました。
小京都のような品のある街並み、人柄、美味しいごはん。
飛行機の時間帯が中途半端過ぎて、まったく観光はできなかったけれど、
改めて!また絶対に行きたい場所になりました。

今回の目的は、YOGA for Cancer in 北陸~がんの方のためのヨガ~WS
はるばるこの地でWSをさせていただくこととなった経緯は、、
主催者の青木さんとの出会い。

その出会いとは、実はSNSで、
お母さまのがんの術後のリンパ浮腫のセルフケアについて、ネットで検索していたところ、
わたしのFBの記事にたどり着いたようです。
メッセージでのやり取りが続き、
「そういえば、来月、東京でYOGA for Cancer~がんの方のためのヨガ~クラスを開催しますので、
もしよかったら、いらしてください♪」
と本州の距離感があまりないからこそ、気安くお誘いできてしまったのでした。

青木さんは本当に来てくださり、
初めてのヨガの中で、お母さまに持ち帰るため、必死にメモを取られていました。

その時、別れ際に「ぜひ、YOGA for Cancer~がんの方のためのヨガ~in北陸を!!!」と仰ってくださり、
それが本当に実現してしまったのでした。

青木さんのすべての原動力は、
「お母さまのため」なんです!
スゴイですよね。

そして、先週の日曜から今日の日曜まで、この空いた空白の1週間の間にも、
青木さんとのやり取りは続いていて、
みなさんの感想を送ってくださったり、
わたしもお手紙を送らせていただいたりで、
まだまだ、ご一緒させていただく気配をプンプンと感じております。
なんというか、WSは先週終わったんですが、先週からはじまった・・・みたいな感覚です。

前置きが長くなりましたが、
WSの内容はもちろんだけど、
青木一家との出会いや関わり方、そういったものが今回とても印象深かったので、
この気持ちをちゃんと書き留めておきたいと思ったし、
もし、わたしがネット上で、YOGA for Cancer~がんの方のためのヨガ~について発信していなければ、
今回の人生にスパイスをもたらすような出会いはなかったのだから、
やっぱり、自分が人生をかけて大切にしていることは、どんどん世に発信していくべきなのではないか。
そう思いました。

しかも、太鼓好きって!!!(笑)
WS後の夜の宴、楽しかったなぁ~✧♡

 YOGA for Cancer in 北陸 「リンパ浮腫講座+ヨガ」へつづく