YOGA for Cancer in 北陸 「心の在り方+ヨガ」

YOGA for Cancer in 北陸 「心の在り方+ヨガ」

午後からは、がんの治療と向き合うときの「心の在り方」「心をサポートしてくれるヨガの教え」をお話しさせていただきました。


ヨガでは、がんは治せません。
ヨガは治療ではありません。

ただ、がん患者さんが、がんと診断されてから、術後・治療中・回復していくすべての段階においての
心の状態に、寄り添うことができるひとつの手段ではないかと感じています。

たった一回のヨガでも、
「あたたかくなった」「リラックスした」「穏やかな気持ちになった」「その日ぐっすり眠れた」という感想をよく聞きます。
ただ、続けていくことで得られる恩恵は計り知れないものです。

ヨガは、呼吸に気づき、体の状態に気づき、感情を見守ります。
その「気づき」の練習は、がん患者さんの病気との向き合い方のヒントになるのではないかと・・・
心のサポートに成り得るのではないかと・・・

これは、わたし自身が経験してきたことと、
ずっとYOGA for Cancer~がんの方のためのヨガ~の活動を通して、
患者さんのみなさんから学ばせていただいたこと、
また、わたし自身がこれまで受講したトレーニングの先生たちから学んだこと
すべてが共通して、わたしにそう、確信させてくれています。

YOGA for Cancer in 北陸 「夜の宴」へつづく