下仁田ネギ

毎年恒例、群馬の親戚から届いた下仁田ネギ。

image

清水の母が北海道の海の幸を送り、お互いの土地の美味しい物を送り合う。
物だけじゃなく、「遠くにいても、元気でやってるよ、あなたの事、気にかけているよ」っていう気持ちの贈りあい。

年の瀬に、少し大変そうだけど、嬉しい慣わし。

母たちの世代の見習いたい部分を
全然真似できないままここまできちゃった。

もうすぐ、帰省。

年末年始は、女性として、妻として、本や講座では学べないことを一番身近な人たちから学べる時。

古き良き日本文化。 母たちが元気なうちに受け継いでおこう。